あのぞんブログ

ngrok で http リクエストの中身を全部確認する【IoTデバッグ】

2020-10-13

「自前の API にリクエストは届いてるけどなにか不具合が起きている」「リクエストをダンプする環境をすぐに用意するのはダルい」とき用。 ngrok の本来の使い方とは違いますが、http パケットキャプチャができます。

ngrok とは

ngrok - secure introspectable tunnels to localhost

使い捨て URL (https) でローカルのネットワークを外部に公開できるサービスです。

brew install ngrok でも入れられるようになりました。

セットアップ手順 ngrok – documentation

無料ユーザ登録と cli に key 登録が必要です。

どんな事ができるか

コマンドで立ち上げます。

$ ngrok http 3000
ngrok by @inconshreveable                                        (Ctrl+C to quit)

Session Status                online
Account                       elzup (Plan: Free)
Version                       2.3.35
Region                        United States (us)
Web Interface                 http://127.0.0.1:4040
Forwarding                    http://9e95453ed1cb.ngrok.io -> http://localhost:3000
Forwarding                    https://9e95453ed1cb.ngrok.io -> http://localhost:3000

Connections                   ttl     opn     rt1     rt5     p50     p90
                              0       0       0.00    0.00    0.00    0.00

ここで web アプリを立ててくれます。 http://127.0.0.1:4040

例えば以下のようなリクエストを投げてみます。

curl -X PUT "https://9e95453ed1cb.ngrok.io/path/hello?query=hello-query" -H "x-myheader: hello-header" -d '{"body":"hello"}'

すると受け取った(ngrok が通した) HTTP の中身を見ることが出来ます。

ngrokサンプル

デフォルトでは ngrok が 502 レスポンスを返すようです。
もちろん ローカルで http server を立てておけば レスポンス側の内容も見れます。


anozon JavaScript とアニメ好き Web エンジニア。Twitter

© 2020 あのぞんびより All Rights Reserved